占術・三元派北斗流推命術の継承者として、世の中で見聞きし出会った事を、日々綴って参ります。


by 魚のおじさん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

嬉し恥ずかし闘病記・・・其の5

a0336934_17350208.jpg
 退院前日・9月15日の計量




 今回の入院で、最も期待して居た事が在りました。



 病状が良く成る事は勿論ですが、それ以上に、『規則正しい食生活に由って、痩せる事が出来るのではないか‼』と言う、大きな期待でした。



 入院直前に、病院に行く前に風呂から出て計った体重は、77,5kgでした。


 しかし、退院前日に、シャワーを浴びた後にシャワー室で計った体重は、80,25kg・・・(T_T)(ー_ー)!!・・・空しい。



 手術前に絶食・・・その後も、1日に1800kcalの成人男性なら極めて抑え気味の健康的な食事・・・何でじゃぁ???



 まぁ、考えてみれば、カロリーは少ないとは言え、食物繊維重視の消化吸収の良い食事と、静養と痛みの為に、ほぼ一日中、ベットに寝転んでばかりの生活・・・その上に、お通じを良くする為と言われて、1日に2ℓ以上の水分を摂取する様に心掛けて居たので水膨れ状態の身体・・・更に、小腹が空いたと言っては、夜中に起き出して、2階のロビーの自動販売機で売られて居るナビスコのチップスターとキットカットを、缶のココアを飲みながら、誰も居ない待合室の椅子に腰掛けて貪って居た怠惰な50過ぎのオジサン・・・仕方ないか。


a0336934_18065721.jpg
 退院直前 9月16日13時の計量




 処が、退院直前に昼食を食べた後、術後に便秘して居たのが、前日から処方して戴いた漢方薬の効果が急に現れ、トイレに行った後、すぐにシャワーを浴びて計量すると、76,60kgでした。


 喜んで好いのか哀しむべきか・・・『儂の身体は、どうなっちょるんじゃろぅ?』と思いながら、私程太って居ますと、5kgは誤差の内・・・ボチボチと自分のペースで遣って行きます。


a0336934_18270485.jpg
 9月16日の昼食 (最後の病院食)




 退院する日の最後の昼食には、「退院、おめでとうございます。土師様の健康と幸福を心よりお祈りいたします」との、メッセージカードが添えて在りました。


 ほんの些細な事ですが、とても心に染み入りました。



a0336934_19343069.jpg

 或る日の朝食



a0336934_18422109.jpg

 或る日の昼食


a0336934_18471979.jpg

 或る日の夕食



 「食」に携わる仕事をして居りますので、どうしても食事が気に掛かります。


 生来の食いしん坊と言う事も多分にありますが・・・。




 川堀病院では、痔疾で入院して居る患者ばかりですから、正常なお通じを促す観点から、食物繊維を多く摂取する食事の内容に成って居ます。



 定められた範囲の中で、非常に工夫されて居るメニューだと、いつも感心し切りでした。


 普段、私が立たせて頂いて居ります、高級割烹料理店や料亭、或いは結婚式場での懐石料理では、金額やカロリーの事などは二の次で、如何に良い素材を吟味して、如何に美味しく調理するかと言う事に重きを置きます。


 私はアルバイトの臨時の料理人(料理請負人と言う聞こえの良い呼び方をされますが…)で、経営者では在りませんから、経営者や依頼者から求められるレベルの料理を作るだけなので気楽なものです。


 経営者や依頼者は、如何に金払いの良い御客様の気持ちを掴むかと言う事に重きを置きますし、御客様の側も、如何に美味しいモノを気持ちよく食べさせて呉れるかと言う事に重きを置き、金額とかは二の次、健康に良いとか悪いとかを気にされる方は、端っから御見えに成りません。


 両者共に、『健康に悪いモノは美味い』とさえ考えて居る様に思います。


 しかし、病院の調理員の方々は、先ずは患者さんの健康と病状の回復、次に経済的な負担と成らない範囲内での食材選び、療養生活の中で楽しみと成る様な調理等々、多くの課題や制約の中で調理をされて居られます。


 その努力には頭が下がるばかりです。


a0336934_19373085.jpg

 金曜日の昼食

a0336934_19381539.jpg

 金曜日の御品書き



 川堀病院では、金曜日の昼に、少し贅沢に、スイーツの付いた昼食が提供されます。

 聞いた処に由りますと、「病気の性質上、長期入院される患者さんが居ないので、一度くらい少し贅沢な食事を摂って戴きたいので・・・。」と、答えてくださいました。



a0336934_19502449.jpg

 火曜日の昼食

a0336934_19511389.jpg

 火曜日の手作り菓子



 火曜日には、手作り菓子が振舞われます。



 ほんの些細な心遣いでは在りますが、少ない人数と限られた時間の中で、此れを提供する事は、大変な労力に成ると思います。


 在り難く戴きました。




 此処数年、席に座れば3万、5万と戴く様な仕事ばかりをさせて戴いて居りますと、其れは其れで在り難い事では御座いますが、何か本質的な処を、忘れ掛けて居た様に思います。



 昨日から、ホテルの結婚式での料理請負の依頼を受けて、友人の経営する割烹料理店の若い者3人を伴って、泊まり掛けで来て居ります。

 未だ体調は万全ではないのですが、若いカップルの良き思い出と成る様に、心を込めて料理を作らせて戴きました。



 明日も明後日も、結婚式の懐石料理や、舟盛りを造る仕事をさせて戴きます。


 仕事を終えた後、ホテルには大浴場も在りますが、出血は止まったものの、未だ傷口からの感染の可能性が在り、部屋の風呂のバスタブに浸かって養生して居りました。


 何とか持ち堪えられそうです。



 ホテルが用意してくださった二人部屋で、若い者のMacBookに悪戦苦闘しながら、記事を書いて居ります。・ ・ ・ アジアの片隅より



御詫び・・・入院中に親しくしてくださった御婦人方へ・・・入院中、「退院したら美味しいスイーツを造って御見舞いに来ます」との約束を守ろうと、金曜日に、「パンプキンクリームのオムレット」を作って持参致しましたが、食物繊維を沢山とって戴きたいとの思いから、生地に人参のピューレを多量に混ぜ込んだ為、生地が膨らまず、出来損ないの牛皮餅の様な不味い、私のスイーツ失敗作ワースト3の出来上がりに成って仕舞いました。 
 普段ならば作り直したりするのですが、今回は間が無く、後日に成れば退院されるでしょうから、仕方なく持参した次第です。
 いつか縁在れば、美味しいモノを作って提供いたしますので、今回は気持ちだけを受け取り、鷹揚な気持ちで御許しください。・・・土師より


おきてがみ

押してつかぁさいビックリマーク
広島ブログ


[PR]
by asianokatasumiyor | 2015-09-20 21:06 | 日常