占術・三元派北斗流推命術の継承者として、世の中で見聞きし出会った事を、日々綴って参ります。


by 魚のおじさん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:思った事( 30 )

クスッと笑えたニュース

a0336934_18231812.jpg

 意外⁉女性用ナプキンを愛用する男達 此方から寸借




 ラグビー日本代表の記事を検索して居たら、クスッと笑える、身に摘まされるニュース記事が目に留まりました。


 「女性用生理用品ナプキンを使う男性が意外と多い」と言う記事でした。




 先月、持病の痔疾の悪化の為、入院して手術をした私も、暫くの間、使って居りましたので、気に留まりました。・・・笑えない立場で身に摘まされる話ですが、思わずクスッと笑って仕舞いました。



 記事では、主に私と同じ痔疾の人が、出血やクッション代わりに使って痛みを軽減する為に使って居る様でした。

 私は切れ痔では無いので、普段は出血はしませんが、手術の後は出血が在る為、生理用品ナプキンを使って居ました。

 男性では、痔疾や肛門周囲潰瘍、肛門周囲炎といった肛門からの出血、分泌物を伴う病気の人が、以前から生理用品を利用する例は多い様です。・・・此れには笑いません。


関連記事

 Daily News Online・・・此方をクリック


 YA2ch!・・・此方をクリック



 ニューハーフの人が、毎月、周期的に生理の来る女性への憧れから、必要も無いのに、28日周期に設定して、一定期間、女性用生理用品ナプキンを使うと言う記事が在りました。

 此れには笑いかけて仕舞いましたが、本人の気持ちを思うと、物悲しくも在り、切ない気持ちに成りました。



 ちょっと感心したのは、ナプキンが持つ、抗菌・消臭効果を利用して、「靴の中敷」としての使用するもので、検索すると、アメフトやラグビーや野球の選手等、スポーツ選手も多く利用して居る様で、ラグビーワールドカップで活躍した日本代表チームの中にも、「靴の中敷」として使って居る選手が居て、包み紙を剥がして、シューズの中に張り付けている光景を想像したら、チョッと笑えます。



 ナプキンをクッション代わりに使用する例は、激しい任務と車両での移動が多い陸上自衛隊員や、長時間運転のため座りっぱなしのタクシー、長距離トラックの運転手といった職に就く人の間でもよく知られた話らしく、他にも大学のカッター(大型ボート)部やボート部の学生の間でも愛用する例は数多いそうです。

 ツールドフランスに出場して居る選手が、股間の保護の為に使って居ると言う話も聞いた事が在ります。



 タクシーの運転手や長距離トラックの運転手の方達が使って居ると言うのは聞いた事が在りましたが、陸上自衛隊員が使って居ると言う話には、厳(いか)つい重装備の迷彩服の下の下に、お尻にナプキンを張り付けている姿を想像すると、かなりクスッと来ました。




 極め付きは、アメフトの選手が、汗が目に入って視界が妨げられるのを防ぐ為に、女性用生理用品ナプキンヘルメットの内側に張り付けて使って居ると言う話で、ガタイの好い大男が、ヘルメットを脱いだ瞬間に、額にナプキンが張り付いた光景を想像して仕舞ったら、笑いが込み上げて来るのを抑え切れませんでした。

 ヘルメットの内側に張り付けて使って居ると言う話で、直接、額に張り付けて使って居ると言うのでは無いのでしょうが、試合後のロッカールームでは、偶には、そんな光景も在るかも知れないと想像すると、どうしても笑いが込み上げて来るのでした。




 9月20日の記事で、入院の際に病院から準備しておく様に指示されて居た、女性用生理用品ナプキンをドラックストアーで買うのが恥ずかしかった為、妹の所に貰いに行った話を致しましたが、なかなか半世紀余りも生きて参りましたが、この年齢に成りますと、逆に恥ずかしく思える様に成りました。・・・可笑しなモノです。



 学生の頃、武道を通じて知り合った、と言う、イタリア系アメリカ人の留学生と交際して居た事が在りました。

 彼女は、生理に成ると、恥じらいも無く、「生理に成った」と言いますし、スーパーで生理用品を買った際に、レジ係の方が、生理用品を別の紙袋に入れ直すと、「何故?」と、とても不思議がって居りました。


 片言の英語しか話せない私が、日本語が達者でない彼女の「何故?」に納得の行く説明をするのは難しく、「日本人は不思議な民族だ」と言う彼女の思いを、余計に強めた様でした。


 交際して居るなら、相手の体調に付いても、能く知って置くべきだし、能く知って置いて欲しいと言うのが彼女の考えで、アメリカでは普通の事だと話して居りました。


 30年以上も前の話ですし、私も20歳ソコソコでしたから、一緒にスーパーに買い物に行って、私が抱えている買い物籠に、平気で避妊具を放り込む彼女に、たじろいで赤面しながら、慌てて菓子の袋を上に置いて隠して居りました。



 最近は、性教育の普及(最近の学校が、どの様な性教育をしているのかは存じません)からか、若い女性が、人前で生理の話などをしている場面に出くわします。

 未だに免疫の無い私は、聞かなかった事にして流します。


 「アメリカナイズ」と言う言葉も死語に成りましたが、日本でも、スカーレットの様な女性が増え、メラニーの様な女性が減ったと言う事でしょうか。


 女性の社会進出が求められる昨今では、好い傾向なのでしょうが、「奥床しく恥じらいの在る、しっとりとした女性像」を未だに抱いて居るのは、昭和なオジサンだからなのかと、学生時代を想いおこして、独りほくそ笑んで居りました。・ ・ ・ アジアの片隅より



おきてがみ

押してつかぁさいビックリマーク
広島ブログ


[PR]
by asianokatasumiyor | 2015-10-13 08:00 | 思った事
a0336934_11455281.jpg

 「元少年A」(酒鬼薔薇聖斗)の手記「絶歌」




  「元少年A」による手記「絶歌」(太田出版)が、5万部増刷され、25日から順次配本されるそうです。



 太田出版は、ホームページに、「絶歌の出版について」と題した釈明文の中で、「私たちは、出版を継続し、本書の内容が多くの方に読まれることにより、少年犯罪発生の背景を理解することに役立つと確信しております。」と、絵に画いた様な優等生発言を連呼しています。

 「本書の出版がご遺族の方々にとって突然のことであったため、あの事件をようやく忘れようとしているご遺族の心を乱すものであるとしてご批判を受けています。そのことは重く受け止めています。・・・中略・・・ご遺族にも出版の意義をご理解いただけるよう努力していくつもりです。」との文章で、釈明文を締め括って居りますが、「本気で、其処まで考えちょるんじゃったら、鼻っから、そがいな本を出すなや‼」と、言いたいのです。



 「絶歌」の刊行にあたり、前回のブログの記事でも触れた「サムの息子法」を、日本でも「導入すべき」と言う声が高まっている様です。


 しかしながら、頼みの先生方は、紛糾する安全保障関連法案の審議や、微妙な立場に在る、米国・中国・韓国・北朝鮮等への外交面での対応や、諸々の諸問題が山積して居り、すぐには取り上げて呉れそうにも有りません。



 「焼け跡の行政」とでも申しますか、憤慨した誰かが、元少年Aと太田出版の岡社長を刺殺すると言う様な重大事件にでも発展しない限り、取り上げて呉れないのが此れまでの通例ですから・・・。


 実際、「少年法」が見直される様に成ったのは、この神戸連続児童殺傷事件が切っ掛けでしたし、「ストーカー規制法」が作られる発端と成ったのは、平成11年(1999年)に埼玉県桶川市でストーカーの小松和人が、猪野詩織さんを殺害した「桶川ストーカー殺人事件」の後に、警察への批判が集中し、マスコミなどの注目が集まり、規制を求める要求が高まったからでした。




 「儂が殺りに行く訳にも行かんしのぉ・・・。」と、遣り場の無い切なさを噛み締めながら、「儂は、どぉすりゃぁえぇんじゃろぉか?・・・儂にも出来る事は何じゃろぉか?」と思いながら、パソコンに向かって居りました。・ ・ ・ アジアの片隅より




おきてがみ

押してつかぁさいビックリマーク
広島ブログ


[PR]
by asianokatasumiyor | 2015-06-22 15:00 | 思った事
a0336934_05443776.jpg

 幻冬舎社長 見城 徹 氏 此方から寸借



 週刊誌やネットの記事を読んだ情報によると、「絶歌」の刊行にあたっては、「元少年A」から幻冬舎宛てに封書が届き、当初は幻冬舎から出版する予定だったが、彼是と批判を浴びて居た幻冬舎が、「元少年A」の手記を発刊する事で、更なる批判を浴びる事を憂慮した見城社長が発刊を断念し、太田出版に出版権を譲る形で仲介した様です。



 詳細は、此処を参照してください。



a0336934_07105706.jpg
 太田出版代表取締役 社長 岡 聡 氏 此方から寸借




 幻冬舎の見城社長は、出版権を譲った際に、太田出版から金を受け取ったとの噂めいた話が在る様ですが、この様な場合のビジネスの上での常識として、それが普通だと思います。・・・慈善事業で遣って居られる方達では在りませんから・・・。





 最初の事件で、二人の女児に重軽傷を負わせ、次の事件で山下彩花さん(小4・10歳)を金槌で殴り殺し、最後の事件で、土師淳くん(小6・11歳)を、殺す事を目的に自宅に呼び寄せて連れ出して暴行を加えた挙句に絞殺し、首を切断して中学校の正門に放置した。・・・少年院などの矯正教育施設に5年ほど収容された後に、保護観察処分の身とは言え、社会復帰を果たし、各地を転々と彷徨した末、生活に行き詰まり、「絶歌」執筆と言う禁断の行動⁉に出たと言う事か?・・・。



 「元少年A」からの依頼の手紙を受け取った幻冬舎の見城徹社長は、一旦は「元少年A」に執筆を促したものの、自社の風評を憂慮して発刊を断念し、太田出版の岡聡社長に出版権を譲渡する事で利益を得たと言う事か?・・・。



 見城徹社長の仲介に依り、太田出版の岡聡社長は、これまでに手掛けて来た「批判された作品」の一つとして、「元少年A」の手記「絶歌」を出版し、世間の批判を浴びながらも、それさえも糧として売り上げを伸ばし、利益を得たと言う事か?・・・。



 アメリカのニューヨーク州には、「サムの息子法」と呼ばれる法律が在り、犯罪者が手記を書くなどして当該犯罪行為を基に収入を得た場合、遺族など被害者側の申立てにより、手記出版による収益を取り上げることが出来ると言う州法が在りますが、日本には在りませんし、出版自体を規制する法律は、アメリカにも在りません。・・・所謂「言論の自由」により厳格に保護されているからに他ならず、全ては著者や出版社の善意に委ねられて居るのが現状です。



 事件の被害者の家族が出版の差し止めや本の回収を求めても、それに応じる事は在りません。


 尤もらしい綺麗事を並べ立てても、詭弁としか聞こえず、「言論の自由だ!。法律に触れて居る訳では無いし、企業が金儲けをして何が悪い‼」と、本音を語って呉れた方が、「こいつ等は悪人じゃけぇ・・・。」と、どれ程すんなりと聞き入れる事が出来るでしょう・・・「少年犯罪が社会を驚愕させている中で、彼(元少年A)の心に何があったのか社会は知るべきだと思った」と、善人面(人相学から観て善人の相では在りませんが)をして、出版社としての社会の役目だとでも言わんばかりの発言をしているのを見ると、激しい憤りが湧いて来ます。




 「絶歌」の刊行により、「元少年A」・幻冬舎の見城徹社長・太田出版の岡聡社長の三人は、被害者や被害者の家族や、多くの心有る人々の心を深く傷付けると言う、新たな大罪を犯しました。


 此れを捌く司法も法律も有りません。


 刑事罰も無ければ、民事的な償いを取る事も叶わないでしょう。




 彼等が犯した、「人としての大罪」に、どの様な「人としての罰」がくだされ、どの様な報いを受けて行くのか、人の世の流れの中で見詰めて行きたいと思って居ます。



 命を奪われた子供達や、心を傷付けられた人々の事を思いながら ・ ・ ・ アジアの片隅より




おきてがみ

押してつかぁさいビックリマーク
広島ブログ


[PR]
by asianokatasumiyor | 2015-06-21 09:00 | 思った事
a0336934_14023699.jpg

 震災後の神戸経理コンピューター専門学校近く




 神戸連続児童殺傷事件が発生した時、私は、亡き師が語って居た事を思いお越し、恐怖を感じました。



 或る時、師は、戦時中の想い出話を語って居られた時、

 明治維新以降、日本は富国強兵の道を歩んだが、欧米諸国の全てを敵に回して戦争を仕掛けよう等という心算は更々無かった筈じゃ・・・それは、第一次世界大戦の時の対応を見ても分かる事じゃ。・・・じゃが、国家を揺るがす大事件が起きたんじゃ。それが関東大震災じゃった。」


 「関東大震災じゃぁ、人も物も大被害を受けて、国家として大打撃を受けはしたが、諸外国からの支援も有り、当時の経済の中心は関西に在ったけぇ、復興は意外に早かった。」


 「余り語られん事じゃが、人の精神に及ぼした影響が一番甚大じゃったと儂は思ぉちょる。」


 「震災直後に、流言による殺傷事件が多発して、罪の無い朝鮮人や中国人が殺傷されたが、事件の終息後も、精神に異常をきたした人間がよぉけ(沢山)居って、関東じゃぁ精神異常者に依るいなげな(異常な)事件が多発したんよ。・・・一目見て分かる様な精神病の患者はえぇとして、始末が悪りぃんは、パッと見じゃぁそれと解らん、精神を患ぉて真面な判断の出来ん様に成った連中が、関東にゃぁえっと(沢山)居ってのぉ。・・・勿論、政治家や軍部の連中も例外じゃぁ無かったんよ。その事が二・二六事件盧溝橋事件に繋がり、延いてはあの不毛の戦に巻き込まれて行く重大な要因に成ったと儂は思ぉちょるんじゃ。と語り、更に、


 「日本の歴史を見ても、大地震や大災害の後に、必ず大きな戦が起きて国が乱れちょる。これは、災害で政治や経済に混乱が生じる所為ばかりじゃ無ぉて、人の精神も病んで仕舞うけぇじゃないかと儂は思うんじゃ。・・・儂は年寄りじゃけぇ世話は無ぁが、そぉ遠いぃ無い将来、必ず大けな震災も来ようけぇ、その時の此の国の事が心配じゃ。」と語って居られました。



 その時は、「なるほどと思いながら聴いて居りましたが、その後、平成7年(1995年)1月17日(火)、阪神・淡路大震災が発生し、「地震によるストレス影響」なる論文等を読むにつけ、師の語って居られた話を、時折、思い起こして居りました。




 師の話を聞いて居た私は、『酒鬼薔薇聖斗事件』が、震災に因って病んだ精神状態の人間が起こす、猟奇的な事件のプロローグの様に思われ、『これから関西じゃぁ、こがいな事件が次々と起こるんじゃないか?』と思われて、思わず京都の義父母や娘に電話をし、「心配性やなぁ・・・」と、笑われて仕舞いました。




 それは兎も角として、猟奇的な事件が、関西で多発する事も無く、日本で戦争に向けて急激な政変が起こる事も無く、私の恐怖は次第に萎んで行きましたが、後に起きた東日本大震災や、最近、日本各地で起きている火山活動の活発化は、私の心を徐々に不安にさせて行きます。



 「少年A」が、震災に因る、PTSD(心的外傷後ストレス障害)で在ったとしたら、彼も、震災の被害者の一人だったかも知れないと、私は、彼の事を、少しだけ気の毒に思って居りました。



 「絶歌」が発刊されるまでの話ですが ・ ・ ・ ・ アジアの片隅より




おきてがみ

押してつかぁさいビックリマーク
広島ブログ


[PR]
by asianokatasumiyor | 2015-06-19 17:00 | 思った事
a0336934_15324292.jpg

 呉市の山間部の住宅地




 数年前、神戸連続児童殺傷事件の犯人である、「酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)」異、「元少年A」が、母親の旧姓を使った名前に改名して、広島県呉市に在る福祉施設で働いて居ると言う噂話が、広島の飲み屋街や井戸端会議で話題に成った事が在りました。


 同時期、噂の施設の在る近隣で、数十件にも及ぶ猫の惨殺された死骸が発見されると言う事件が発生してテレビでも報じられ、その所為でしょうか、警察が「元少年A」に事情聴取をしたとか、しなかったとか言うリアルな話まで持ち上がり、呉市焼山に住んで居る私の友人も、 「あんなが、ねき(近く)に住んじょる言ぅだけでもきびが悪りぃ(薄気味悪い)のに、猫がよぉけ殺されて、次は人間が殺される番じゃなぁか思ぉたら気が気じゃぁ居れんで・・・子供等にゃぁ、知らん人に話し掛けられたら、話もせんこぉに(話もしないままに)すぐ逃げぇよ。絶対、独りで外へ遊びにでちゃぁいけんでぇ、部屋でゲームぅしてめぇけぇ、外にゃぁ出んさんな言ぅて言ぃよるんじゃ。」と、真顔で心配して居りました。


 私の友人だけで無く、近隣の方々の不安は大変な心労で在ったと思います。



 その後、新たな猫の殺害も発生せず、犯人も判明しないまま猫惨殺事件は収束しました。




 「元少年A」は、居辛い状況に成ったモノか、施設を退職して、何処かへ移り住んだと言う噂が流れました。



 呉で起きた、猫惨殺事件の様な事件が起きた場合、「元少年A」が近隣に居住して居れば、嫌疑を掛けられるのは致し方の無い事だと思います。




 犯罪を犯せば、法に依り、その罪の重さに応じて、刑事罰が与えられます。

 私が思いますに、死刑は別として、犯罪を犯して罰として刑務所に収監される期間よりも、出所して社会復帰を果たし、社会の中で「前科者」として生きて行かなければ成らない事の方が、より重い罰で在ると考えて居ます。


 この、「人としての罰」は、本人だけで無く、親族や子供にも及びます。


 此れこそが、「罪を犯す」と言う事の実相だと思います。




 彼が成人で在ったなら、此れまでの判例から、間違い無く「死刑」が与えられて居たに違い在りません。


 しかし、「少年法」と言う法に護られて、彼は今も生きて、この社会の中で自由な活動を行って居る・・・皮肉な事です。



 時に触れ折に触れ、事件の事を思い出す事は在りましたが、最近は、思い出す事も無く成っておりました。




 私は、彼の事を、少しだけ気の毒に思って居りました。




 「絶歌」が発刊されるまでの話ですが ・ ・ ・ ・ アジアの片隅より





おきてがみ

押してつかぁさいビックリマーク
広島ブログ


[PR]
by asianokatasumiyor | 2015-06-18 17:00 | 思った事
a0336934_07173847.jpg
 画像は此方の記事から寸借




 6月11日に、神戸連続児童殺傷事件(別名・酒鬼薔薇事件)の犯人ある、「元少年A」(当時14歳・現在32歳)が書いた手記が、「絶歌」と言うタイトルで、太田出版より発売されました。




関連記事


 弁護士ドットコム NEWS


 朝日新聞 DITITAL

 朝日新聞 DITITAL


 SANSPO.COM



 私は、この報道を見聞きして、「 何じゃぁ、こんなぁ (こいつは) やっぱり、更生も反省も、しちょらんのじゃのぉ。」と思いました。



 彼が自分の犯した犯罪について心底反省し、社会の中で更生を為して居るので在れば、こんな手記を公に現す事など思いつかないでしょうから・・・。(出版担当者の話しに依れば、原稿は、第三者を通じて、彼から持ち込まれたそうです)


 もし仮に、太田出版からの誘いに乗って、金に目が眩んで手記を書いたのだとしても、彼が罪の意識を抱き続け、遺族が出版に反対している事を知った時点で、著者として出版の差し止めを求めたでしょうから・・・。


 「よいよ、こんなぃつぁ、カスじゃのぉ・・・性根が腐っちょりゃぁがる‼」と思いましたが、失望はしませんでした。

 彼が更生も反省もしているとは思って居ませんでしたから・・・ただ、今回の件で、彼が更生も反省もしていない事が明確に成りました。



a0336934_08565330.jpg
 太田出版代表取締役 社長 岡 聡 氏 此方から寸借



 太田出版の岡 聡 社長は、「少年犯罪が社会を驚愕させている中で、彼の心に何があったのか社会は知るべきだと思った。」と、出版の意図を説明して居ますが、私が理解し難いのは、今回の「絶歌」を刊行した太田出版の出版社としての、出版に対する姿勢と考えです。



 株式会社 太田出版は、大手の芸能事務所で在る、太田プロダクションの出版部から独立した出版社であり、タレント本やサブカルチャーのイメージが強い出版社で、此れまでにも、『完全自殺マニュアル』『自殺サークルなど、有害図書指定を受けるなど社会的問題作となった書籍も多く、『四畳半神話大系』や『永遠の0』は、私も読みましたし、電子書籍化されている、「QuickJapan」は、時々購読しています。




 株式会社で在る以上、営利を追求して売り上げを伸ばし、株主に還元する責務を担って居ます。


 太田出版は、それを達成する為に、社会から批判を浴びる様な作品を、作為的に手掛けて来た傾向が在ります。


 芸能プロダクションが、所属タレントを売り込む為に、様々な手法を用いる事は、法律で許される範囲で在れば、少々強引で露骨な事をしても構わないのかも知れません。

 それが許されるのは、エンターテインメント だからなのだと思います。



 しかし、『文化の向上と社会の進展に寄与することを目的とする』と、日本書籍出版協会が謳って居る様に、企業と言う営利目的の存在で在りながら、「文化と社会」に大きく関わり、影響を与えながら、その向上と発展に寄与する役割を担って居ます。

 日本標準産業分類において、かつて出版社は、製造業に分類されていましたが、現在(2002年の改定以降)は、情報通信業に該当するとされている事からも分かる様に、出版会社は、現代社会の中で、情報を創造しながら発信して行く、マスメディアの中核となる存在です。



 太田出版の方々にも、この様な崇高な自覚と意識を持って居られる事を望みますし、持って居ると信じたかったのですが、・・・「絶歌」の発刊にあたっては、事件の被害者の家族に承諾を得た訳でも無いばかりか、「絶歌」発刊についての経緯や、内容について、事前に説明をする事もしませんでした。

 また、発刊直前まで、マスコミにさえ情報を出さなかった事は、販売差し止めのリスクを低減する為にの策略に他ならず、良識ある出版社の手法では在りません。・・・狡賢い卑怯者の遣り口です。



 出版担当者の方は、流石に弁舌に長けて居られる方で、当たり障りの無い受け答えをされて居られましたが、発刊の理由について、「金儲けの為です。」と、正直に答えて貰った方が、どれだけ気持ちが好いでしょうか・・・。



 ネットを検索して居りましたら、バズプラスニュースに、鈴木収春 によるこんな記事が掲載されて居りました。


 ほかには、「絶歌」を読んだ人の感想を纏めたこんな記事や、こんな掲示板も在りました。




 私は、「絶歌」を買いませんし、一生読む事も無いと思います。


 「炎上商法」とでも申しますか、皮肉にも、事件の被害者の遺族が、出版の差し止めや本の回収を要請し、マスコミが批判をすればするほど話題と成り、本が売れる事に繋がります。


 残念な事ですが、こうして批判する記事を書いている私も、微細ながらも、売上アップに貢献して居るかも知れません。




 「絶歌」の定価は1500円で、初版が10万部発行されたそうですから、全て売れれば1億5千万円の売り上げになり、単純に印税を1割とすれば、1500万円が著者に入る事に成りますし、太田出版にも、それに比例して利益が齎されます。


 都市部では売り切れている書店も在る様で、ネット販売では、数千円のプレミア価格が付いて居るモノも在る様ですが、増版されれば下落しますので一時的な現象だと思います。


 所詮、下衆が書いて下種が売って居る本ですから、鴎外や漱石の初版本の様な値打ちは在りませんし、三ヶ月もすれば、手に取る人さえ居ないのかも知れません。・・・読んで居ない私には、内容を論じる事は出来ませんから、厭くまでも、読んだ方の感想を読んで感じた憶測です。



 「絶歌」の印税が、事件の被害者の家族や、出所者の更生支援施設に支払われるのではないかとの憶測が飛び交って居ります。

 しかし、著者本人が、それを表明した訳でも在りませんし、娘や息子を殺した犯人である著者が、事件をネタにした本の印税で得た金を、被害者の家族が受け取る事も考え難いのでした。



 そして、間違い無く言えるのは、版元で在り、一番儲けを得る太田出版が、この件に関して、びた一文金を出す事も寄付をする事も無いと言う事です。




a0336934_00482119.jpg
 神戸連続児童殺傷事件が発生した町の眺望



 平成9年(1997年)5月27日に、神戸市須磨区の中学校正門に、切断された男児の頭部が放置されているのを通行人が発見し、警察に通報したニュースを見た時、一瞬、信じ難く、唖然としたが、聴いて居る内に嘔吐をもよおし、遣る瀬無い気持ちに成りました。



 当時の私は、二度目の結婚で、妻と1歳6ヶ月の長男との3人で暮らして居りました。



 「儂の息子が同じ目に合ぅたら・・・。」と、被害者の親御さんの事が思われ、只々切なく、遣り場の無い憤りで涙が滲んで居りました。


 1ヵ月後の、6月28日に犯人逮捕・・・犯人は14歳の中学生・・・犯人の親御さんの事を思いますと、是は此れで切な過ぎて、私は、その気持ちを表す言葉を持ちません。




 あの事件が、「少年A」と呼ばれた特殊な少年が引き起こした、起こるべくして起きた特殊な事件だったのか?・・・親や学校や地域社会や日本の国家の負の部分が、「少年A」と言う歪として事件を引き起こしたのか?・・・当時、様々な分野の先生方に論じられたテーマも、今と成っては空しい空論の様に思われるばかりです。

 恐らく、32歳に成った「少年A」にさえ、その答えは見い出せずに居るのだと思います。



 しかし、間違い無く確かな事は、彼に殺された子供達の両親や親族・・・殺され掛けた被害者や親族は、未だに事件の傷は癒えて居らず、今回の「絶歌」の出版に由って、新たな深い傷を負わされ、矛先を向けられない強く激しい怒りと、底の無い深く真っ暗な哀しみを、心に抱いて生きなければ成らなくなったと言う事だと思います。



 日曜日に、別れた妻から、久し振りに連絡が在り、来春20歳に成る長男の進路について相談を受け、4人の子供の父親として、のんびり独り暮らしを満喫して居れない立場である事を改めて感じた私でしたが、「殺された子供達が生きちょりゃぁ、えぇ青年、えぇ娘さんになっちょりんさったじゃろぉに・・・。」と、沈んだ心持でパソコンに向かって居ります。・ ・ ・ アジアの片隅より



おきてがみ

押してつかぁさいビックリマーク
広島ブログ


[PR]
by asianokatasumiyor | 2015-06-16 02:08 | 思った事

a0336934_08580745.jpg
 スイス戦に勝利した、なでしこジャパン


 6月9日、女子ワールドカップカナダ大会で、連覇を目指すグループリーグC組の日本女子代表(なでしこジャパン)は、スイスとの大会初戦に臨み、前半に宮間 あや 選手のPKで先制し、終盤のスイスの反撃に耐えて、1-0で勝利し、勝ち点3を得ました。


 不慣れな人工芝のピッチに手こずり、パスミスや絶好の得点チャンスを逃す場面も在りましたが、ディフェンディングチャンピオンとして各国から研究され、W杯連覇と言う重圧の中で、勝ち点3を得た事は、成長の証で在ると思います。



 とは言え、PKを得たプレーの際に、安藤 梢 選手負傷で欠いた事は大きな痛手で在り、 6月13日(土)に行われるカメルーンとの試合では、日本選手の更なる奮起を期待します。


a0336934_08165222.jpg
日本のゴールを守り切ったGK山根選手



 地贔屓な私としては、私が住んで居ります、広島市の宇品の出身で在る、GK山根 恵里奈 選手が活躍して呉れた事を、とても嬉しく思って居ます。


 187cmと言う、フランスのウンディ・ルナール選手(DF)と並んで、今大会出場選手1位の体格は、中国代表のGKの张越(チャン・ユエ)の185cmを上回り、中国代表のGKで在り、「美し過ぎるGK」として話題に成った趙麗娜(ジャオ・リーナー)には、美貌では若干負けるかも⁉知れませんが、ゴール前に立ちはだかる威圧感は最強で、昨日の試合でも、その力を遺憾なく発揮して呉れました。


 山根選手が、2007年に行われたAFC U-19女子選手権に出場した頃から注目して居ましたが、彼女の成長を、実の伯父の様な気持ちで見守って居りました。



 「こがぁな選手が、アンジュビオレ広島に居って呉れりゃぁのぉ・・・。」と、ついつい無い物強請りをして仕舞います。



 御存知の方は少ないと思いますが、アンジュヴィオレ広島は、なでしこリーグ2部に所属する、広島の女子サッカーチームで、1部リーグ昇格を目指して居ますが、今年は今一つ振るわず6位(全10チーム)に低迷して居ます。



 私は、時々、広島県総合グランドメインスタジアム(コカコーラウェスト広島スタジアム)に観戦に行きますが、未だ未だ観客が少なく、広島カープサンフィレッチェ広島JTサンダースも良いのですが、アンジュヴィオレ広島の事も、地元期待のチームとして、広島県民が一丸と成って応援して行って欲しいと願って居ます。



 直近でのホームゲームは、福岡J・アンクラスを迎えて、7月5日に、行われますので、是非、観戦に行って戴きたいと願って居ります。




 「それに付けてもカープがのぉ・・・。」と、昨日の敗戦ゲームを時々思い出しては、なでしこJPが勝利した喜びが10分の1に萎んで仕舞う、今日この頃です。・ ・ ・ 負けた日のマエケンのブログを読むのは辛い ・ ・ ・ アジアの片隅より



おきてがみ

押してつかぁさいビックリマーク
広島ブログ


[PR]
by asianokatasumiyor | 2015-06-10 14:29 | 思った事
a0336934_13254232.jpg

 若い世代の人たちが話し合う会



 選挙権が得られる年齢を18歳以上に引き下げる公職選挙法の改正案が、衆議院の特別委員会で採決され、全会一致で可決されました。改正案は4日の衆議院本会議で採決され、参議院に送られる見通しです。 (NHK NEWS WEBより)


関連記事

 NHK 時論公論

 産経ニュース

 TRM




 私は、ブログで選挙に関連した記事を、幾つも書いているので、古い順から列記しますと、

 選挙の思い出 1

 選挙の思い出 2

 選挙の思い出 3

 不在者投票 ・ ・ ・ 知らなかった事実

 今日は、一般選挙の投票日です

 選挙の結果

 
 選挙に関しては、若い頃から強い関心を持って居て、海外などに居て、どうしても投票出来ない状況の時以外は、投票を欠かした事は在りません。

 公職選挙法の改正案が成立すると、公布から周知期間を経て施行され、来年夏の参院選で適用されれば18、19歳の約240万人が新有権者となり、選挙結果にも大きく影響を与える事が予想されます。



 第46回衆議院議員総選挙における年齢別投票率では、20代前半の投票率が35%程度だったのに対し、50代~70代では70%以上在る事から、『投票しない年齢層を増やすだけ』との意見も有りますが、18歳選挙権の実現が、一人でも多くの若者が、政治や日本の在り方について考える機会と成り、延いては、より良い日本の構築に繋がって行く事を期待しながら見守って居ます。・ ・ ・ アジアの片隅より



おきてがみ

押してつかぁさいビックリマーク

広島ブログ


[PR]
by asianokatasumiyor | 2015-06-04 15:29 | 思った事
a0336934_15280069.jpg

 自転車の取り締まりをする警察官



 今日、6月1日より、違反行為を繰り返した自転車の運転者に講習を受ける事を義務付ける改正道路交通法が施行されました。



関連記事


 毎日新聞ニュース


 毎日新聞ニュース


 政府インターネットテレビ



 私は、先月、自動車の免許の更新をしたばかりですが、足が不自由な為に、余り運転をしない御陰でゴールド免許なので、簡単な講習を受けただけでしたが、その時にも、今回の自転車に関連した改正事項について、簡単な説明を受けました。



 私は足が不自由な為、自転車には乗れないので運転は出来ませんから、今回の規制の対象と成る事は在りませんが、杖を突いて歩道を歩いて居りますと、歩道を走る自転車に衝突されそうに成ったり、競輪選手張りの猛スピードで渋滞する自動車の脇を擦り抜けて行く若者を見て、「そがいに生き急がんでめぇのにのぉ」と、思う事も屡です。


 自転車が起こした人身事故によって、高額の損害賠償責任を負う事例も多数発生している様です。


 いつも乱暴な若者や、図々しいママチャリの危険に晒されて居る歩行者にとっては朗報と言えます。



a0336934_18205420.jpg

 広島市 紙屋町交差点



 しかし、問題は山積して居ます。



 今回の施行によって、特別な指定の無い場所では、自転車は車道を走行する事に成りますが、特に広島市内ですと、路面電車の軌道が通っている個所が多く、轍の様に、これに自転車のタイヤをとられて転倒して仕舞う事も多く、また、自転車が主に走行する路側帯が整備されて居らず、ガタガタで危険な個所ばかりで、転倒した自転車が後続の自動車やバイクに轢かれて仕舞う事故が多発しそうな気も致します。


 自転車を規制するので在れば、自転車大国・オランダの様に、自転車専用レーン等のインフラの整備を早急に進める事が急務です。



 また、今回の規制の対象は、14歳以上と言う事ですが、これでは根本的な問題の解決には成らないと思います。



 早い子供ですと、3歳くらいから自転車に乗りますが、此れに或る一定の制限を設けなければ、片手落ちに成りますし、交通ルールやマナーを身に着けることが大切だと考えます。


 日本でも、自転車免許証を交付して、自転車の安全運転を奨励している自治体も有りますが、此れには法的効力は在りません。


 幼少期から、自転車の運転に関する教育やマナーを身に付けさせると共に、此れに並行して、親や学校などへの罰則規定も盛り込んだ、年齢や用途毎に厳格な条例を定める事が、牽いては子供達の命を守り、健やかな子供達の成長に繋がると考えて居ます。



 私が大阪の証券関係の会社に就職した1986年に、それまでは任意で着用して居た原付を運転する際のヘルメットの着用が義務化される改正道路交通法が施行されて、反則点数1点が加算される様に成りました。


 当初の夏などは、 『原チャリぃ運転するぐらいで、ヘルメットを被るやなんかぁ、クソ邪魔臭いのぉ』と、思って居りましたが、施行されて以後、原付の死亡事故は格段に減少しました。



 今回の施行によって、人々の命が守られ、自転車を利用する、豊かでエコな社会に成る事が望まれますが、
まだまだ解決しなければ成らない問題の多く、越えなければ成らないハードルも数々在ると思います。



 ただ、一つだけ確実に言える事は、「自転車が気軽な乗り物では無くなった」と、言う事かも知れません。・ ・ ・ アジアの片隅より



おきてがみ

押してつかぁさいビックリマーク

広島ブログ


[PR]
by asianokatasumiyor | 2015-06-01 20:15 | 思った事

運動会の想い出

a0336934_12115557.jpg

 運動会の準備体操



 昨日、帰宅してから買い物の為に、スーパーへ行く途中に在る小学校の前を通り掛かると、小雨の降る中で幾人もの大人達が、校庭で彼是作業をしているのが目に留まりました。


 「何ぃしよるんじゃろぉ?」と、思いながら通り過ぎて校門の所に着きますと、「広島市立宇品小学校大運動会」と、立て看板が在りましたので、すぐに理由が分かりましたので、納得して買い物に向かいました。



 半世紀以上も生きて参りますと、運動会の想い出も沢山在ります。



 良い事も悪い事も、今では全て素敵な思い出です。



 しかし、その中で、たった一つだけ、心の中にスイ針が刺さった儘に成った様な、蟠りと成って居る出来事が有ります。


 それは、私が小学校4年生 ( 古い記憶なので曖昧です ) の時の運動会の事でした。

 今でこそ、春にも多く行われている運動会ですが、私が子供の時分には、「運動会は秋に行う」と言うのが当然の事として決まって居りましたが、
運動会前日の土曜日 ( 週休2日制と言う概念さえ無い時代でした ) の、授業が終わった帰宅前のホームルームの時、運動会当日の日程や準備の伝達の後、担任の先生から、


 「去年までは、運動場で弁当を父兄の方等と一緒に弁当を食べよったんじゃけど、今年から、生徒は父兄とは別に、教室で弁当を食べる事に成ったけぇ。」

 「その事は、父兄の方にゃぁ伝えて在るけぇ。」と、先生が言い終えた瞬間、「えぇっ!! 何でぇっ⁉」と、皆、口々に不満と疑問の言葉を漏らして、教室中がざわついたのでした。



 45年程前の事ですし、私の生まれた町は、時折ブログで触れて居ますが、親戚姻戚関係で町内会が構成されて居る様な田舎の町でしたから、小学校の運動会は町ぐるみの恒例行事で、PTA参加の種目も多く在りましたし、昼食には、お花見以上の御馳走の弁当を作って、生徒や家族だけで無く、親戚の方々も集まって、当然の様にビールや酒も振舞われ、宛ら宴会の様に成って居りました。


 さて、運動会当日の昼食の時間、応援に来て呉れて居た父母達の所へ弁当を受け取りに行きますと、父が、


 「子供等が居りもせんのに、運動会で弁当を食ぅても、ひとつも詰りゃぁせんよぉのぉ!!」と、ぼやくと、祖母が、


 「誰が決めんさったんかぁ知らんが、精の無ぁ事よのぉ。」と、大いに落胆して居る様子でした。


 運動会では、午前中の競技の話題等をしながら、弁当を囲んで普段は顔を合わす機会の少ない親達が親睦を図り、お年寄りは、子供達の成長振りを見る事を楽しみとして居りましたので、子供達もそうでしたが、大人達の方が、ガッカリして居た様に思います。



 その年以降、中学校に進学しても、運動会(以前は中学校でも、運動会で父兄と弁当をを一緒に食べて居ました)で、父兄と昼食を共にする事は在りませんでしたが、「何でぇっ⁉」と言う蟠りは、心から消える事は在りませんでした。



 その答えを知ったのは、高校に進学してからの事でした。


 高校に入学する前の春休みに、運命的な出会いに由り、師である三満正義に師事致しました。

 長年に亘って、県の教育委員会の仕事に携わって居りました師は、退職後、師の知識や経験や人柄を慕って集まった教育者達を指導する、「三満塾」と称される勉強会の様な集団を纏めて居られました。


 「三満塾」からは、小中学校の学校長も多く輩出し、県や市の教育長まで成られた兄弟子も居られました。



 その年の秋、高校の体育祭が行われた事から、師との会話の中で、小学校の時に、運動会で父兄と一緒に弁当を食べられなく成った事を話しましたら、師が、


 「あぁ、そぉ言ぅ事が在ったよのぉ。儂も反対したんじゃがのぉ。・・・ありゃぁのぉ、日教組の奴等が言い出した事なんよ。」


 「あんな等の言い分じゃと、片親が居らん子やら、親が仕事で来れん子やらが冴えん思いをするけぇ言ぅんじゃが、あんな等が、教育者として度量も無いし、子供等への思い遣りじゃとか、我が身を削ろう言ぅ気持ちも無ぁんよ・・・屁理屈ばっかり達者な、クソ横着者の集まりじゃけぇのぉ!」と、憎々しげに言いました。


 師は、自らの戦争体験から、反戦平和を強く塾生達に戒めて居られましたが、「日本や日本の教育を駄目にした元凶である」として、日教組を大変嫌って居りました。



 確かに、私が子供の時分にも、片親が居ない子供や、親が仕事で来れない子供は、極少数でしたが居りました。


 その様な子供は、友達の所に招かれて行ったり、先生方が弁当を作って来てくださって、その子と一緒に食べて居りまして、先生方も父兄に交わって食べて食べて居りましたので、日教組が指摘する程、その子達が冴えない思いをする事は無かった様に思います。


 それに際しては、担任の教師が事前に下調べをしておいて、父兄と連絡を取り合い、冴えない思いをする子供が出ない様に、色々な配慮をされて居られた様です。


 私が生まれ育った町は、都会とは違う背景が在りますので、同じ土俵で論じる事は出来ないとは思いますが、PTAの役割や存在意義は、この様な問題が生じた時に、単に廃止したり禁止したりするのでは無く、子供達一人一人が、健やかに学校生活を過しながら、良い思い出を作る中で、豊かな人格を育んで行ける様な、環境と仕組みを作って行く事に在る筈です。

 そうした努力や活動さえ否定する日教組の遣り方に対して、師は、「教育者として度量も無いし、子供等への思い遣りじゃとか、我が身を削ろう言ぅ気持ちも無ぁんよ・・・屁理屈ばっかり達者な、クソ横着者の集まりじゃけぇのぉ!」と、強く揶揄したのだと思います。



 もう、何十年も、普通の小学校の運動会に参加した事も観に行った事も有りませんので解りませんが、運動会で、生徒が父兄と弁当を広げて、一緒に食べると言う事はしていないと思います。



 ただ、現在でも、島嶼部や田舎に在る少人数の学校では、地域の住民と一体と成った、昔ながらの運動会が行われて居り、そちらでは、生徒や父兄が一緒に成って、弁当を広げている光景が見られる様です。


 私の甥坊が通って居る学校も、その一つです。




 運動会で、生徒と父兄が別々に、弁当を食べるのが当たり前の光景に成った今では、此れは是で良い事なのかも知れませんし、運動会の徒競走で、1等賞に成った事よりも、皆で笑いながら弁当を食べた事の楽しさを懐かしむのは、昭和なオジサンの、単なるノスタルジーなのかも知れません。




 しかし、日教組のゴリ押しによって、無理矢理変えられて仕舞った運動会の光景は、その過渡期に小学生だった私の心に、深い蟠りとして、今も心に残って居るのでした。・ ・ ・ アジアの片隅より



おきてがみ

押してつかぁさいビックリマーク

広島ブログ


[PR]
by asianokatasumiyor | 2015-05-31 21:20 | 思った事